N-NETホーム >サポート >セカンドメール注意事項

 
 セカンドメール送信時の注意事項
POPbeforeSMTP(10分ルール)を採用しておりますので、メール受信後10分以内にメール送信 しないと 送信できません 。メール送信の際にはメール受信作業する事をお勧めいたします。


 POP before SMTPについて

POP before SMTPとは?
POP before SMTP(PbS)は、POP で認証したクライアントホストからのメールだけを中継するようなシステムです。
SMTP の中継を許していないホスト(ほとんどのホスト)で有効です。


POP before SMTPを採用した訳
ダイレクトメールや、デマ・イタズラメールなど不特定多数に一斉にメールを配信する行為をSPAMメールと呼びます。
弊社では第3者がお客様のアカウント名を乗っ取り、 SPAMメールを送信させないようにするため、 メールシステムに 「POP before SMTP」を採用しております。



■ セカンドメール送信 手順例 

 OutlookExpress Ver5.5 (windows版)
 

あらかじめメールを書いておきましょう




送受信の脇にある[ ▼ ]をクリックし[ すべて受信 ]を選択します
その後同じ手順で[ すべて送信 ]を選択するか または[ 送受信 ]をクリックする
(すべて受信を押してから 10分以内に送信)



セカンドメール設定方法はこちらをご覧下さい


このページのトップへ

  ⇒N-NETホームへ  ⇒サイトマップヘ
Copyright (C) 2001 N-NET Corporation. All Rights Reserved